体臭 部位別

人間の匂いは部位別に分けて5種類の匂いに分けることができると言われています。部位別に対処法も変わるので知識として知っておくと役立ちます。

ワキや局部・頭皮がキツイ匂いを放ちやすい!

人間の部位別体臭区分は、汗腺によるもので4種類、それとは別で1種類で、5種類の匂いに分かれます。全身にある汗腺や環境の条件によって、発生する匂いは変わってきます。

 

汗腺というのは、全身にある体温調節機能をもつ、エクリン腺とワキや局部など毛が生えている部分に集中してあるアポクリン腺があります。

 

他には皮脂腺があります。これは皮膚や髪を保護するものです。多く分泌されると抜け毛や薄毛の原因になります。

 

汗臭い匂いはどこから来るのか?

 

汗をかくと発生する汗臭はエクリン線からでる99.5%の水分と塩分からなり、汗がすぐに蒸発してくれれば塩っぽい匂いになります。

 

しかし、かいた汗がドロドロとして皮膚上に長く残る場合は皮膚上の細菌によって分解され、汗臭いすえた匂いになります。

 

これは他人に嫌がれる匂いになると思います。

頭皮の匂いは皮脂がポイントになる!

頭髪部分に関しては、最も皮脂腺が集中している部分になります。

 

皮脂腺は皮脂という脂成分の分泌物で肌表面を保護してくれて、細菌が体内に入らないように働いてくれます。

 

これが長く留まると肌表面の微生物に分解されて、匂いの元になってしまいます。

体臭の元になるアポクリン腺の働き

アポクリン腺はワキや局部などの毛がある部分に集中してあります。ミネラルやホルモンの分泌を行なったりしています。

 

また、アポクリン腺はワキガの元になるとも言われています。

 

豆知識
足の裏などは汗腺が集中して蒸れやすい環境に置かれています。そういった部分は違った匂いが生じやすい部分でもありますので、注意が必要です。