体臭 原因

体臭は生活の中で作られてきます。体臭がきつくなる原因を知って体臭予防に役立てて下さい。

体臭がキツくなる様々な原因!

体臭や口臭が気になる・・という方はいらっしゃいませんか?体臭や口臭をなくすために、まずは原因を探ってみましょう。

 

ストレスによる体臭・口臭

体から臭いが発生してしまう原因のひとつにストレスがあります。

 

ストレスにより、体の代謝能力が低下します。

 

胃腸の働きがスムーズにいかなくなることで、臭いの元が排出されにくくなります。さらに、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

 

皮脂が古くなったり、ゴミが吸着することで臭いが発生します。

 

タバコによる体臭

喫煙は体臭、口臭の原因になります。

 

煙が髪の毛や服などについて、タバコの臭いがするということもあります。それに加え、タバコを吸いますとニコチンが体内に取り込まれます。

 

取り込まれたニコチンは血液に入り込み、全身を回ります。体中からニコチンの成分が発散され、臭いの原因となります。

 

また、タバコを吸うことで脳が刺激され、汗をかきやすくなります。

 

汗をかきますと、細菌が繁殖しやすくなり臭いのもとになります。

 

喫煙はなかなかやめられないかもしれません。

 

それでも、体臭にお悩みの方はまず禁煙されてみることをおすすめします。

 

過剰なダイエットは体臭のもと

急激なダイエットをしますと、体臭や口臭を感じることがあります。

 

それは食事のバランスが崩れ、代謝がスムーズにいかなくなっているからです。代謝するのにエネルギーが足りないと、不完全燃焼のような状態になります。

 

アンモニアや脂肪酸が発生し、特に口臭を感じることがあります。

食事は体臭・口臭と関係しています。

においのきついにんにくなどを食べますと、その臭いが残るのが良い例です。

 

肉類やチーズなどの乳製品といった動物性の食品を摂取しますと、体臭がひどくなると言われています。

 

動物性の食品を適度に取り入れ、代謝を活性化するビタミン・ミネラル類を多く摂るよう心がけましょう。